• ~旅と日々の出会い~
SNSでシェアする

7.「蛸屋八兵衛」 隠岐郡知夫村薄毛 

収録・解説 酒井 董美 イラスト 福本 隆男
語り手 前横ヨキさん(明治26年生)
(昭和51年7月30日収録)

 とんと昔があったげな。

 蛸屋( たこや) 八兵衛という人がこの薄毛地区にいたが、 嫁はなし、 子どもはなし、 毎日毎日タコを捕りに行くけれど貧乏暮らしをして、 小屋みたいな家にたった一人で住んでいたげな。
この男は今日もタコを捕り、 明日もタコを捕り、 毎日毎日こうしてタコを捕っているものだから、 そこから蛸屋八兵衛と名をつけたげな。

 八兵衛はこうしてタコを捕って、 自分は何もせずにいたから金が貯まったそうな。 けっこう金が貯ったので、 八兵衛は、
ーま、 こりゃ、 旅行しよう。 ええとこを見てこようーと思って、ぼろを着て旅行に出たそうな。

 それから八兵衛は大阪の天王寺さんに参って、金の茶釜を買って供えたげな。  そうしたところが、
「 あの人はぼろを着とるが金の茶釜をあげた」 といって評判になったそうな。
けれど、
ー今夜はどげだり泊まる宿がないーと八兵衛が困っておったところ、 ある長者がやって来たげな。
「頼むけえ、 うちへ泊まりに来てごせ」
「そがぁなあ、わしゃなりが悪うて泊まりゃぁせん」
「 なりゃ悪うても、 頼むけぇわしんとこへ泊まってごせ」 とその長者が前へついて、 八兵衛を連れて帰ったげな。
「 こりゃなあ、 金の茶釜を上げちょったけえ、 なりは汚うてもええ人だけえ、 親方はなおこういうふうをするもんだけえ、 丁寧に取り扱え」 と長者は家内の者に言って、 ご馳走の山を作って勧め、 また、 八兵衛の着物を全部脱がして風呂に入れたそうな。 それから、 風呂から上がると今度は絹の小袖の丹前を着せてあげたそうな。 八兵衛は、
「これはもったいない。 やあ、 こりゃもったいない」と言う。

 そして、 家の人が八兵衛のこれまで着ていたぼろを竿に掛けたところが、 シラミがごろごろして出てきて、 汚いとも汚いとも、けれども長者は、
「いや、 汚いことはない。 こがあな者が親方だけえ」 と喜んだげな。 ところで、ここの家には娘が七人おったそうな。長者は八兵衛に、
「嫁はおるか」と聞くと、
「いや、 嫁はない」と答える。 そこで親方は娘たちを並ばせて、
「 あんたがよいのを嫁にやるけに、 選り取りみどりだ。 どれがいいか」 と言って、 嫁合わせをしたげな。 八兵衛は、
「ちょうど年頃もよし、  まん中のをもらう」と言う。
「そんならこりょうやるけえ、来年の正月の十五日に祝言に迎えに来てごせ」
「迎えに来るけえ、  それまで預かっておいてごせ」

 そう言って八兵衛は自分の小屋のような家へ帰ったげな。

 八兵衛の小屋のような家の近くに、新宅の大きな家があるそうな。八兵衛は、   そこへ行って頼んだそうな。
「 すまんがここを婚礼のときだけ宿を貸してごせ。 もだれ( 軒先) に蛸屋八兵衛という表札を掛けてごせ。 頼むけえ、 そうしてごせ」
「それならそうしてやるけえ」

 そしてそこへ「 蛸屋八兵衛」 と表札を書いておいて、 それから正月の十五日が来て、 みんなの人を頼んで嫁さんを迎えに行かせたげな。
「 さあ、 蛸屋八兵衛さんから迎えが来た」 というので、 長者の家では娘さんに衣装を着させ、 荷物もたくさん持たせて長者一族もそろって来て、新宅へ入って行ったそうな。
「ようこそ来てくれた」と八兵衛は一行を迎えたげな。

 婚礼もすんで、 みなが帰って二、 三日もしたら、 嫁さんに向かって八兵衛は、
「本当のわがとこへ帰ろう」  と言ったそうな。
「わがとこは、どこですか」
「ここだ」と、  小さい小屋へ嫁さんを連れて帰ったそうな。
「こがあなとこでも、おまやあ来てくれたで」
「まあ、どがあなとこでも来た以上は、  わしもがまんします」
こうして二人で生活を始めたけれど、 蛸屋八兵衛の方は夜になるとタコを捕りに漁に出る。 嫁さんは毎晩、 毎晩一人寝するのに、夜中の十二時ごろになると、 カアンゴオンと音がするのだそうな。

 それが寂しくて男は、
「漁をしに出る」。「 漁をしに出る」 と言って出てしまうのだげな。

 そうしていたところ、  毎晩、  やはり、そのカアンゴオンという音が続くので、肝の太い嫁さんは、
「何の精( しょう) あるものか、 ないもんか」 と言ったそうな。
「 精あるもんだ。 わしは金の神だ。 ここの部屋の下、 軒下を掘ってみてごせ。 金がほろんで( 埋めて) あるから、出してくれ」と言うんだげな。

 そこで八兵衛が帰ってきてから人を頼んで、 ある日、 そこを掘ったところが、 壷に金がいっぱい入っていたそうな。

 それで蛸屋八兵衛は長者になったって。

 その嫁さんには、金の神さんがついて来たそうで、蛸屋八兵衛は本当の長者になったげなと。昔、 こっぽり。

解説

 知夫村は隠岐地方の島前地区にある漁村であり、漁村にふさわしいこのような昔話が残されていた。

 関敬吾『 日本昔話大成』 で調べると、 本格昔話の「 婚姻・ 難題聟」 の中に「 蛸長者」 としてこの話型が、 次のように登録されていた。

 1 、 貧乏な漁夫が金持ちをよそおって長者の娘を息子の嫁に約束する。 2 、家が小さいために( a) 人の住まない家を借り、 または( b) 殿様に古い家を借りて嫁を迎える。  3  、三つの化け物が出る。 親と息子は恐れて逃げる。 4 、嫁が恐れなかったために、 それぞれ宝の化け物であるのを知り、 それを掘り出して金持ちになる。

 このように話型にそっくりの話であることが分かる。

 ところで昔話には語りはじめの言葉( 話頭句) が決まっているが、 出雲地方や隠岐地方では「 とんと昔があったげな」 が普通である。

 また、 終わりの言葉( 結句) は出雲地方や伯耆地方では「 こっぽし」「 こっぽり」 が多い。 松江市だけはこれ以外に「 昔まっこう」 が聞かれることもある。 ところが隠岐地方ではいろいろとあり、 島後地方では「すっとんからん」「 とん」「 とんよ」 などであるが、 ここ知夫村ではなぜか「 すっとんかっとんからかっとん」 で終わりのが定番になっているのである。

出雲かんべの里 民話の部屋 「蛸屋八兵衛

→「文芸のあやとり」に戻る

→「自然と文化」に戻る