• ~旅と日々の出会い~
SNSでシェアする

紡ぎ、編み、織りなして、糸となり、紐となり、帯となる。そんな文化文芸を、島根在住のいろんな方のエッセイ・文芸・研究などの紹介を通し、『島根』の旨味、深み、色合いとしてお伝えします。

文芸のあやとり

時空を超えて凝集分離を繰り返す情念と理性の表現世界。それは文字に秘められし人の世の秘め事であり、彷徨(さまよ)えし性(さが)。誰ぞ細き糸に紡ぎ、誰ぞ帯と織り成さんか。宮に仕えし語部(かたりべ)が、巷を放浪する旅芸人が、織りなされし物語の綾を解く。

そんな島根に伝わりし文芸を、ここでは『万葉集』と『文芸』にて紹介します。


島根つれづれ草 藤岡大拙

歴史とは、出来上がった一条の帯とは異なります。無数の糸が織りなされて未来へと向かいます。その変化は決して未来だけのことではありません。過去のことも、新たな発見や考えで大きく変わることもあります。その変化を受け入れることも、大切なことです。 ながく島根の歴史文化の継承と発展に寄与されてきた藤岡大拙氏。その歴史は、人と営みとの出会いの日々でした。だからこそ、気づいたことを、思い出したことを、これは話しておかねばと温めてこられたことを、すこしずつ紐解いていただきます。

藤岡大拙 (ふじおか だいせつ)

【現住所】
島根県出雲市斐川町

【略歴】
昭和07年     (6月26日)島根県斐川町に生まれる
昭和31年     京都大学文学部史学科(国史学専攻)卒業
昭和63年     島根県立島根女子短期大学教授
平成0元年     島根県立八雲立つ風土記の丘所長(平成17年3月退任)
平成09年08月  同短期大学学長(平成17年3月退任)
平成17年04月  荒神谷博物館館長、NPO法人出雲学研究所理事長(現在に至る)
平成22年04月  しまね文化振興財団理事長(令和3年12月退任) 
平成22年08月  松江歴史館館長(令和3年3月退任)現在、松江歴史館名誉館長
平成22年11月  瑞宝中綬章 受章
令和 4年 3月  島根県功労者表彰 授彰

【社会的活動】
島根県立図書館において、「古文書を読む会」の講師を53年間、「出雲国風土記を読む会」
の講師を43年間務める。出雲弁保存会会長を務める。
平成21年4月~26年3月 堀尾吉晴公銅像建設委員会委員長、平成22年9月~28年3月
松江城を国宝にする市民の会会長を務める。令和2年~ 松江城を守る会会長を務める。

【著書】
「島根県地方史論攷」「山中鹿介紀行」「出雲人」「塩冶判官高貞」「出雲礼讃」
「出雲とわず語り」「心の旅」「今、出雲がおもしろい」「出雲弁談義」
「神々と歩く出雲神話」「出雲学への軌跡」「山中鹿介」など多数。

【信条】
郷土の歴史の語部(かたりべ)として頑張りたい。
1.前口上
2.島根の歴史「四つの謎」
3.雪舟
4.出雲阿国の生国

山陰地方の昔話 ―酒井董美(ただよし)、口承文芸―

文字よりもはるか以前に生まれた音声言語。時に声の強弱や表情、身振り手振りをともなって伝えられました。その総合演出が芝居でしょう。ラジオや本はあっても、まだテレビもないころ、子どもたちの楽しみにはお婆さんやお爺さんが話す昔話でした。話す方も、ただ聞いたことを繰返すのではなく、創意工夫や新たな演出が成されていました。山陰地方の口承文芸を長きにわたり収録・研究されたなかから紹介して頂きます。QRコードで聞く生の昔話から、出雲地方の方言を体感してください。

平成23年(2001)4月2日出雲市大社町「いずも民話の会」にて
略歴
昭和10年(1935)生まれ。松江市出身。山陰両県の口承文芸を収録・研究。島根県の中学・高校・大学で勤務したのち「出雲かんべの里」館長。現在、山陰両県の民話語り部グループの育成に努める。平成26年、国際化功労者表彰(しまね国際センター)。

主な著書
『ふるさとの民話』(ハーベスト出版)、『山陰のわらべ歌。民話文化論』(三弥井書店)、『新山陰の民話とわらべ歌』(今井書店)など多数。
1.ZOOMとQRコード
2.昔話1)「博打長者」 島根県仁多郡奥出雲町下阿井
3.昔話2)「猿蟹合戦」 鹿足郡吉賀町田野原
4.昔話3)「狐の変化玉」 隠岐郡海士町御波
5.昔話4)「金の犬こ」 仁多郡奥出雲町下阿井
6.昔話5)「鼻なおし」 大田市富山町山中
7.昔話6)「蛸屋八兵衛」 隠岐郡知夫村薄毛
8.昔話7)「姉は鬼」 飯石郡飯南町角井
9.昔話8)「閻魔の失敗」 浜田市三隅町福浦
10.昔話9)「出葉屋の婆さん」 隠岐郡知夫村多沢

出会いと別れ 万葉の小径を行く

万葉集ゆかりの地、島根を巡って、万葉の風を感じてみませんか。

島根は、神話の国、万葉の国です。

出雲大社とご縁の国としても有名ですが、実は万葉集ゆかりの地が色々あるロマンの国でもあるのです。特に石見(島根県西部)は 万葉恋歌の舞台として有名です。

万葉集の最高恋歌、柿本人麻呂の「石見相聞歌」の舞台を訪ねてみましょう。地元の人のあたたかい楽しいおもてなしと、万葉食と美肌温泉があなたを待っています。

御朱印帳を片手に恋のスポット巡りを始めてみませんか。

(コーディネータ:川島芙美子 山陰万葉を歩く会会長)

令和に蘇る出雲・石見の万葉歌人

詳しくはこちら


関連記事

映画「神在月のこども」が10月8日全国ロードショー

東京から神域を馳せ出雲へ、駆ける少女の物語「神在月のこども」が10月8日全国ロードショー

詳しくはこちら

→「自然と文化」に戻る