• ~旅と日々の出会い~

おいしいものは全国どこにもあります。では「なぜ美味しいのか」、そのプロセスや背景から美味しさを紹介します。食は「自然」との切磋琢磨です。

自然の恵み 食と酒

頭が八つの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)。スサノヲの仕掛けた酒に酔い、退治さてしまいます。それほど美味い酒がある島根国。絶品の米と水を職人の匠が酒という結晶へと仕上げ、それを神の冷気が熟成するのです。魚介に合う酒から沢庵漬けに合う酒まで、一人酒、二人酒、仲間酒、島根の酒と食は人の心に合わせませ。

神々の食

奥出雲のおもてなし料理 ― 煮しめ、焼きサバ、漬物 ―
出雲の赤貝、石見のハマグリ ― オオクニヌシを蘇生した赤貝とハマグリ ―

酒と出会いと別れ

涙の京都競馬場 テンポイント ― もしもハイセイコー・テンポイント・シンボリルドルフが走ったら ―(七冠馬)
鯨カツデートの報復 ― 酒は忘れた思い出を連れてくる、だから泣ける ―(豊の秋)
袖振り合うも他生の縁 ― うまい酒をだす店 ―(十旭日)
マキシムコートを着た黒髪の女性 ― 酒とゲルベゾルテの香り ―(隠岐誉)
七難八苦をあたえたまえ ― 横山大観、どじょうすくい、そして月山富田城 ―(月山)
国引き神話の里 ― 時空をまたぐ創り手の熱い思い ―(意宇)
甘酸っぱさにまどろむ時  ― 一杯、一杯、また一杯 ―(李白)
無弦琴と琴ケ浜  ― 左右対称の文字に魅かれて ―(開春)
百六十キロ車窓の宴  ― 酒は地域を語る名刺 ―(宋味)
あの橋を渡ると  ― 学食のカレーライス一杯分のラブレター ―(死神)
途中下車の旅  ― 三方よしの思い出酒 ―(ヤマサン正宗)
富士は日本一の山  ― すれ違いに織りなされた青春 ―(出雲富士)

健康食 奥出雲の地

酒飲みの口自慢 (酒は燗にあり、常温にあり、冷にあり)

女将・板長「自慢の一品話」

→「自然と観光」に戻る

SNSでシェアする